アイスバーンをも溶かす情熱


一年前、俺はカルガリーに居て、エドモントンへ向かう所だった。

言うまでもなく、モトリークルーファイナルツアー参戦の為だった。

あの時、どういう事が起こっていたのか、振り返ってみたい。

例のニッキーシックスステージ使用ベース(先述のブログ参照)を購入した後だったので、往復の航空券を切り詰めなければならなかった。

そして、ネットで最安値の成田-北京-バンクーバーの往復を押さえた。その金額は確か55,000円だった。

成田から飛び立った時のジレンマは忘れない。

なにせ、

バンクーバーとは一旦真逆の方向へ飛んでいるのだ

北京までは、空席が目立っていたので、最後尾の座席に真横になって熟睡していた。

北京でのトランジットは、いつものイジメにあった。

モバイルバッテリーを取り上げられそうになったり、延々進まぬセキュリティ等。

北京-バンクーバーは、特に何も起こらず、起きて、食べて、寝てを繰り返した。

バンクーバーからカルガリーへのウエストジェット航空でトラブル発生。

「霧の為、1時間のディレイ!!」

早速、紙に書いて冷静に時間計算を行う。 すると、とんでもない事が判明した。

雑務時間{レンタカーの手配、預入れ荷物(この時は、ベースのハードケース)の引取り等}を引くと、目的地であるエドモントンまで、平均時速130kmですっ飛ばさないと開演時間に間に合わないのである!

しかも、進路は北上。進むに従い、アイスバーン状態で、陽は沈む。

借りたレンタカーはスタッドレスを履いていたが、それでも時速150km超は怖かった。 今だにスピード違反の知らせが来ないというのは、奇跡だ。

iPhoneのグーグルマップひとつを頼りにカルガリー-エドモントンのドライブ。

この時ほどインターネットの力を有り難く感じた事はなかった。

かくして、モトリークルー開演10分前に、先入りしていた友達と合流。

息つくヒマもなく、最初の曲、ガールズガールズガールズが始まった。


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事