初の最前列

モトリークルーの日本公演はこれまで沢山足を運んだが、初めて最前列で観たのは意外にも遅く、1999/10/8にZepp東京で行われた「Welcome To The Freakshow」だった。

グレイテストヒッツアルバム発売に伴うツアーだったが、規模はそれまでと比べて小さく、

「あのモトリーがゼップで演るのか!」

と思った。

整理番号順に入場のオールスタンディング。

当然ステージ向かって左側、ニッキーシックス側に陣取った。

SEのIn the beginningからのShout at the devilが始まった時の事は強烈に覚えている。

なにせ初めての最前列。

ニッキーは、髪を赤く染め、当時の最新ワーロックベースで登場してきた。

表情、プレイ、パフォーマンス、その全てが僅か数メートル先で行われている事が全く信じられなかった。

意外だったのが、今まで自分が想像していたよりも、ピッキングが軟らかかった事だ。

勝手にもっとゴリゴリバキバキ弾いているかと思っていたが、そうではなかった。

これも後から考えてみると当然の事で、彼らはこれまで数えきれない程のライブをこなしてきたのだ。力の入れ加減というのも自然と身についてきたんだろう。

圧巻はホームスウィートホームだった。

ヴィンス、ミック、ニッキーの、「あの3人」が目の前に揃ってのプレイ。

18年経った今でも、距離感、視線の角度、照明、演奏、表情は心の奥深くに刻まれている。


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square